忍者ブログ
2017 / 08
≪ 2017 / 07 1 2 3 4 56 7 8 9 10 11 1213 14 16 17 18 1920 21 22 23 24 25 2627 28 29 30 31 2017 / 09 ≫

前回、病床の中で書いてから、はや一か月近く。
余裕のない日々を過ごしていました。

前回書いた記事

自己診断で「手足口病」かも……
と書きましたが、果たしてビンゴ!
しっかり、かかりつけ医から「診断書」を頂ける状態でした。

月曜日に通院する時には、足の裏にも発疹が出始め
歩くのがやっと、な状態。
普段なら歩いていく隣駅の通院を一駅、電車に乗る始末。

治療法はない時間が薬。
週末に処方して頂いた薬は
「むしろ飲まないで」
と言われ、ひたすらおとなしくしているのみの生活。

歯科医の予約はもちろんキャンセル。

月曜、火曜日とおとなしくし、
水曜日にはかろうじて歩くことができるようになり出社。
木曜日は幸いの祝日で
なんと金曜日から海外出張へ。

医師に確認したら、行って大丈夫って。
治るからって。

現地到着したら、さすがにグッタリでした。

それでも、睡眠時間多めにしつつ、
食事も少なめにしつつ、9日間の海外旅行を無事に終え帰国。
平地でも最高気温一桁、ちょっと上ったら氷点下の世界に行ったので
東京が暖かいこと、暖かいこと。
先日の雪でも寒さが苦にならないって、変な状態です。

帰国後は病欠と出張の2週間を埋めるべく、連日の残業の2週間。

今、ここ。

この2週間、遅れを取り戻し、日常を滞りなく進行させるために
変に自分をすり減らして頑張りすぎてしまったようなので、
これからは、同じように一番忙しいシンドイ時期ではあるのですが
きちんと食事もして、気分も切り替えて、
質の良い睡眠も取れるように気を付けていきたいなぁと。

年末懇親会の多い季節なのでね。
上手に踏ん張らないと!

拍手[1回]

PR


忙しさに取り紛れているうちに1ヶ月。

体調不良により、ここに書く余裕ができた皮肉。

体力落ちていてグッタリしかけていたのですが
それが原因で発病しているようです。
今日は休日なので、明日、診察して頂かないと
診断はつかないのですが、
勝手な自己診断では手足口病かな?と。
患者の90%が5歳以下というのに、
残りの5歳超10%に入ってしまったのか?と。
情けない。
あくまでも、まだ勝手な自己診断ですが。

始まりは木曜日。
夜、虫歯の治療から帰宅したら疲労感。冷え。
半端なくグッタリで早目に寝ることにし
念の為、体温を測ったら驚きの38.8度!
そういえば喉も痛い。
すぐに暖房入れて部屋を暖め
レッグウォーマーでふくらはぎも温め
睡眠、睡眠、睡眠。

翌朝には37度まで下がりました。
喉の痛みが残っていましたが
やらなければならない仕事があり出社。

突然の高熱で思い付くのはインフルエンザ。
季節外れな感もありますが、
まさかの外出禁止に備えて、
仕事を片付けてから、早退。

早退した足で、掛かり付けの内科に寄って
高熱再発に備えての頓服
坑炎症剤
抗生物質。

夜には熱も下がり、ホッとしていた翌日。
午後になったら手のひらに発疹!
土曜の午後、休診で確認できないまま
手のひらの発疹は増え
足裏にも出始めて
今、日曜日の夜。

検索マニアの私、昨日から検索し続けて
手足口病の自己診断中。

キーボード打つくらいは出来るし
気分も悪くはないけれど
喉、手のひら、足裏の一部がヒリヒリ痛い!

明日、朝一番で通院して
診断つけてもらわないと落ち着きません。
週末金曜から、色々予定もあるし
歯科医の予約もあるし
医師の許可なしには生活できません(泣)

拍手[1回]




人のせいにしなくなったら
ものすごく楽になりました。
不平不満も減りました。

無数の二択が自分の前に繋がっていて、
一瞬一瞬、今、この瞬間もYesかNoか、
右か左か、自分で選びながら生きている。

自分で選んだ今の自分がある。

そう考えるようになったら、イヤなことが減りました。
イヤなら自分で選択しなければ良いのだから。
それを選ばない自由を持っているのだから。

さらに、最近、面白い考え方を知りました。

自分が選ばなかった方を選んだ別の自分がいる

という考え方。
別の自分が選ばなかった道を、今の自分は進んでいる。
今の自分が選ばなかった道を、別の自分は進んでいる。
だとしたら、その「別の自分」達が集まったら
ありとあらゆることをしてきた自分になるわけで。

滅茶苦茶、観念的な世界な気もしますけど。

でも、面白い。楽しい。

要は、何事も、もののみかた、かんがえかた、ひとつ。

拍手[1回]



今年は毎週のように台風が来ているような気がします。

明日も、温帯低気圧に変わるらしいとはいえ、東京直撃。
当初、明日、採用面接を行う予定でしたが、
応募者に何かあってはいけません。
無理してくる応募者もいるでしょうから。
急ぎ連絡し、来週に延期させてもらいました。

あとは明朝の出勤の心配をすれば良いだけ。
そこは、何とかなりそうに感じています。

どなたも被害がでませんように。

拍手[1回]



知人が勤めていた会社を退職し、自営業となりました。
10年くらい前からホメオパシーに興味を持っていて
それを使ったセラピストの仕事を始めたようです。
間接的に漏れ聞こえてくるだけですけれど。

ホメオパシーに私は興味ありません。
信じていないと言って良いかもしれません。
だとしても、知人がやることに反対する気はありません。
知人から実害を受けない限りは。
今のところ、実害はありません。

どうも私は、そういうもの、
ホメオパシーとか、マルチとか、宗教系とか、ヒーリングとか
そういうものを近寄せないオーラがあるようです。
ある新興宗教信者の友人が、
周囲の友人を片端から勧誘していた
という事実を、私だけ全く知らなかった!ということがあります。

街中で私に声をかけてくる、そういう系統の方々も
たいていは、こちらから先に気付いていて
「ほら、声かけてきた」
と思ってしまうような新人勧誘員だけです。

それはともかく。

余計なお世話と思いつつも、その知人のことが少し心配。
ホメオパシーだけでなく、
タロットカードとか、神道とか、デトックスとか、ヒーラーとか
そういうものとも繋がって、繋げて仕事をしているらしい。
さらに、退職してすぐローンを組もうとしたのだとか。

危うい感じがします。

こういう公的資格のないセラピストになる人って
本人がセラピー受けたい人に見えます。

本人が幸せで納得しているなら、本当に余計なお世話ですが。

幸せでありますように。

拍手[1回]



日本は熱帯地方になっちゃったのかしら?

と思わせるような、台風3つ。

しかも一番番号の若い9号が一番遠くにいて
一番大きい番号の11号が先に日本上陸!

しかも南の海ではなく、
なんだかとっても日本に近い海で発生したらしい。

ビックリな気象現象です。

びっくりしていても仕方ないので、
風雨が弱い明け方に出勤。
職場から社員に、
「無理しないように。安全第一。連絡くれれば良いから」
とメール送信。
みんな、まだ家出ていない時刻のはず。

社員出社前は、何となくのんびりしつつ
中断するものも入らないので順調に仕事が進みます。

そうこうしているうちに、ポツポツと社員出社。
結局、みんな無理することなく、それでも定時に出社。
朝早く来た私は、勇み足か。。。

社内にいる間に台風は、
7階建てのビルを揺らすような大風とともに
通り過ぎて行きました。

帰宅時刻には、風雨も落ち着いていました。

それにしても、この時期に台風3つ!
9月が思いやられます。

拍手[1回]



もと住んでいた家に最後まで残った家具の搬出
正しくは処分をする為に、
朝から、元「家」へ。

もとの家は、23区の外の為か、自宅よりほんの少し気温が低め。
それでも、さすがに今日は暑かった!
都内で37度超だったので、無理もない話です。
窓を開け放すと風が通ることが救いでした。

その家で、午前中いっぱい、座ることもできず、
家具搬出作業を見守り、戸締りをし、
さて、職場に!と電車に乗ったら、
人身事故で電車がストップ。

運が良かったのは、ストップした駅が
自宅の最寄り駅の次の駅。
さらに、その駅に止まって電車が、最寄り駅方向に折り返すとか。
お昼時でもあったので、予定変更して自宅でランチ。

その間に電車も運転再開して、無事、職場へ。

朝から元「家」への往復、職場への往復と
炎天下の中を歩いて、ぐったり。
午前中の立ち続けも響いています。

今日は、よく眠れるかしら。
疲れ過ぎで駄目かしら。

拍手[1回]



都知事選でした。

この2週間、様々な候補者を目にし、
いつもの選挙より、少し面白かったような……。

こういう表現は失礼かもしれませんが
泡沫候補と呼ばれてしまう人達が個性豊かでした。

当選するはずないであろう候補の政見放送を見ると
無茶苦茶言っている中にも一抹の真実があることも。

他の候補を応援している立候補者もいたり(笑)

それにしても当確でるの早かった!
20時ちょうどに出てしまいました。
超党派の票が集まった結果だったようで。

でも、都知事、これからですね。
何かと風当たりも強いはず。
それを、体当たりで受けてしまうだけでなく
しなやかに受けることも、一つの策となるのではないかしら。
女性であることが、不利になることも、武器になることも。
不利にも武器にもなることが、差別と言えば差別。
だからといって差別を叫ぶばかりでは、変えられないはず。

今、同じ時代に、これからの世に、先頭で旗を振ろうとする女性の
一つの手本となってくれますように。

先頭となる人達の先頭となるのは、とても辛いだろうけれど。

拍手[1回]



いま住んでいる場所は、私が生まれ育ったところ。
但し、今までに、この場所を離れていた時期があります。

ここで生まれ育ち、
転居し、もう一度転居し、
その次の転居で帰ってきました。

どこの家も今のところから、そう離れてはいない場所でした。
諸々の事情があって、そんな近場の引っ越しをしていました。

その中の1つ。
今まで、空家として所有していたのですが
縁あって、手放すこととなりました。
もう古い家なのですが、大切に維持して良かった。
次の所有者は庭木はそのままで、家もリフォームして使って下さいます。

そこで、放置していた家具や雑貨の確認をしに行きました。
懐かしい私の絵日記が1冊出てきました。
幼稚園にも行かない頃のものです。
書いた当人である私にも読むのが困難な平仮名と絵。

絵日記を書いていた記憶はありますが
内容までは記憶ありません

と思いながら読み返していたら、
1つだけ覚えていました。
クリスマスにもらった人形用のベッド。
朝、目が覚めたら枕元にあったのを覚えています。
そのことが日記に書いてありました。
他にもいくつかプレゼントもらっていたようですが
申し訳ないことに、記憶はベッドだけ(笑)

暮らした家は、手元から離れるけれど
1冊の絵日記が思い出とともに帰ってきました。

拍手[2回]



参院選が終わりました。
自民党、一応勝利。

ネットの世界を遊泳していると、
アンチ自民党の声が多いように感じていました。
自民党を罵り、安倍首相を貶し。
そういう声が大きいように見えました。
もしかしたら私の周囲だけなのかもしれませんが。

ところが投票結果は自民党支持の方が多かった。

結果を知ったアンチの方々は、当然(?)
自民党に投票した人を罵っています。

でもね、アンチのみなさんが何と言おうと、
アンチのみなさんの方が少数派だったわけですよね。
開票結果がそうなっています。

どなただったか、
人数で決まる世の中はおかしい
とおっしゃってもいましたが、
じゃ、多数決は民主主義ではないのか?
と私は不思議なわけです。

自分が多数派に所属していても同じこと言いますか?

念の為、書きますが、私はどこの党も支持するつもりはありません。
それぞれの良さが有り、愚かさがあると思っています。
全面的に支持していたり、全面的に拒否している人達が嫌いです。
反対意見に聞く耳を持っていなかったり
白ではない人を黒だといったり、そういうことが苦手です。

さて、都民は都知事選に向き合わなくて。
最終的にはどなたが立候補なさるのでしょうね。

拍手[1回]



07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
HN:
sami
性別:
女性
職業:
事務屋
趣味:
舞台・読書・動物
自己紹介:
舞台:ジャンル問わず、観るのも出るのも好き
読書:ジャンル問わず、乱読・積読
動物:ジャンル問わず、基本手足の合計4本が好き
面倒なこと嫌い
努力も嫌い