忍者ブログ
2019 / 06
≪ 2019 / 05 12 3 4 5 6 7 89 10 11 12 13 14 1516 17 18 19 20 21 2223 24 25 26 27 28 2930 2019 / 07 ≫

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



半年以上も放置していました。

近頃はツイッターやフェイスブックやインスタグラムと様々なSNSに囲まれて
スマホで隙間時間に繋がって
なかなか落ち着いてブログに記事を書かなくなってしまいました。

ブログは呟きのように見えて、
誰にも気にせず、匿名として本音を書くところ
という意識があります。

SNSではリアル知人友人と直接(?)繋がっているので
どうしてもその顔を浮かべながら書きます。

なんてことはさておき。

こんなに久し振りにここに書き込もうと思ったのは
タイトルにも書いた「白内障」

10年くらい前に右眼の硝子体手術をして
5年くらい前に左眼の硝子体手術と同時白内障手術をしています。

硝子体手術と白内障手術は同時に行うことも少なくありません。
硝子体手術をすると、していない人より白内障に早くなるのだそうです。

でも、10年前の右眼の時は、まだ若かったため(!)
白内障の同時手術はもったいない
ということで、硝子体手術だけでした。

5年くらい前の右眼の時は、年齢も経て
そろそろ白内障の手術も同時でも良い
という話になり
白内障手術はしない
という選択肢もあったのですが、しない場合、
2年くらいで白内障の手術をすることになる例が多い
と聞き、
それなら、手術の回数は少ない方が良い
と同時手術をしました。

そして、左眼。
昨年の夏頃から、急激に視力が低下してきたように感じていました。
大学病院を紹介して頂き、普段コンタクトレンズ購入でもお世話になっている眼科では
「あなたの左眼は難しいから」
「コンタクトレンズしか診ていないから大学病院できいて」
とそっけなく相手してもらえず。

眼鏡を作り、以前はコンタクトレンズも購入していた眼鏡店では
視力が低下していることが判明。

普通自動車免許証の更新では
コンタクトレンズの上に遠くを見る用の眼鏡をかけても
「見えるような見えないような」という怪しい状況で
こんななのに更新できて大丈夫?と思ったほど。
ペーパードライバーなので実害はないのですけど。

今年になって定期検診に通院している大学病院で
1.2まで出ていた視力が0.6まで低下していることも判明。
ようやく正確な、想定通りの眼の状況の診断が下されました。
半年近く、長かった。

で、即座に、その場で、白内障手術の依頼をしてきました。

今の私の大学病院での主治医は、偉い先生なこともあり
白内障の手術担当は、もっと若い先生になりました。
主治医からは
「次の僕の予約の頃には手術終わっているから、診るからねー」
と言われ、どうやら本当に白内障だけ、他の先生が主治医となるようです。
白内障の先生の診察に行ったら、偉い主治医からの伝言がカルテに載っていました(笑)

硝子体手術済みの場合、普通の人より白内障手術が難しいのだそうで
なんでも、レンズが安定しにくいことがあるのだとか。
日帰りでも良いとは言って頂けたのですが、
そう言いつつも先生が「そうねぇーでもねー」なんておっしゃるし、
それなら良い機会なので、2泊3日の入院をすることにしました。
どうせ手術の翌日も通院するんだし。
骨休めしようかと(笑)

と、ここまでの話はあっという間に数分の間に決定したのですが
実際の手術は混み合っていて、早くても5月。
まだまだ先です。
その為、入院の為の身体検査もまだまだ先で4月。

暑い夏にならないうちに執刀してもらえそうなだけでもありがたい。
手術後は顔を洗えないですからねー。

こうして手術が決まってみても
既に眼の手術は2回行っているので、そこに不安はあまりありません。
ただ、ふと変なことを思いました。

手術したら、もう二度と自分の水晶体で物を見ることが出来なくなる

既に右眼は、人工物を通して物を見ているわけです。
だからと言って、物が違うものに見えるわけでもなく
手術前と変わらない(多少の視力の変化はある)世界で生活をしています。
でも、それが両目となり、ふと、自分の眼と別れる寂しさをおぼえます。
右眼の時も、
自分の水晶体がなくなるんだなー
今までありがとう、右の水晶体!
と思いましたが、
さらに左眼もと決まった今、寂寥感(せきりょうかん)半端ない。

いやいや、様々な事情で自分の身体の一部を失っている人はいて
その喪失は白内障手術の比ではないはずなのに
何思っているんだろう?
それでも、生まれてからずっと自分の一部だったものを喪失するのです。

左眼の濁ってしまった水晶体、今までありがとう。
手術から今までよく持ちこたえてくれました。
あと数か月、よろしくね。

拍手[1回]

PR


近頃、心が頑なになっている人が周りに増えているように感じます。

思い込みで生きている人。
自分勝手な思い込みで一喜一憂している人。
その結果、自分の思い込みと異なったことになったりして。
そりゃ、勝手な思い込みですから、異なることにもなります。
で、勝手な思い込みとは思っていない本人は物凄く怒る。
憤慨する。キレる。

そして社会性を失っている。
大多数の人から見ると変な人になってしまっている。

そんな人の相手をするのはストレスだし
哀しい。
そんな怒る、不愉快な思いをしている人が哀しい。

何か助けになれないかと試みるけれど
ほとんどの場合、思い込んだ人は勝手な思い込みとは気づけない。

そんな人を見ていると心がとても苦しい。

苦しい自分も、そんな勝手な思い込みで生きているのかもしれない。

拍手[1回]



最近、心の病気に悩まされる人が増えているように感じます。
職場でも。友人でも。友人の友人でも。

以前に比べて、心の病気の知名度が出てきたからかもしれません。
かつては本人の責任にされて闇に葬り去られていたことに
陽が当たり、闇に葬ってはいけないという意識が正論になったからか。

とはいえ、難しい問題のように感じます。
病になるかどうかは、本当に個人的な問題でもあると思うのです。
同じ状況でもなる人、ならない人がいますから。

通院はしたことありませんが、一時期、私もおかしくなりました。
その時の自分を思い返すと、全部、自分一人でやろうとしていました。
自分の狭い世界にいて、自分がやらなければならない
他の人ではできない、やらせられない
そんな風に自分を過大評価していたと思います。
そして、そうなった原因は自分のプライド。
自尊心の高さ。

その時の自分自身、病気になった人の様子を見て
自信がありすぎでも、自信がなくても、
そんな自分を守る為にプライド高く、自分の正当性を主張することが多い
そして、現状を周りのせいにする。
周囲を基準に行動している。
そんな人が心の病になっているように思います。

体調悪くて休んだ時のSNS投稿は
体調が悪いから休みます
ではなく、
迷惑かけるかもしれないけど休みます
とか
同僚に何言われても休みます
というように、必ず他者が登場する(笑)
言い訳をする。

周囲と自分自身の影響で病気になるんだなぁと思います。

あ、私がおかしくなった時は、100%自分のせいだったと思っています。
誰のせいでもなく、自分で自分を追い詰めました。

自分の現状は自分が作っている。
誰のせいでもない。
自分で選んでいる。
全てのことはイヤなとらやめることができる。
全ては二択。
やめた結果、やめない結果を天秤にかけて、
自分が気に入る方を選ぶだけ。
どっちを選ぶことはできる。

そう考え始めてから、ものすごく楽です。

拍手[0回]



あらあらと言っている間にまたまた1か月以上の月日が(笑)

先日、友人から白内障手術の際の眼内レンズの度数について意見を求められました。
難しいですよねぇ。
未経験の創造のつかないことを決定しなければならないのだもの。

どこに焦点を合わせたいか?

数年前に硝子体手術と同時手術した時、私も悩みました。
度数を遠くに合わせると近くが見えなくなる
近くに合わせると遠くが見えない
どちらかを選ぶことになるのですが、
どちらもイヤでした(笑)

強めの近視なので近視用のコンタクトレンズで生活をしていました。
白内障の手術は近視を治す最初で最後のチャンス。
でも、遠くに視力を合わせることによって近くが見えなくなる
ということが言葉は理解できても、感覚で理解できませんでした。
生活がどうなるのか?実感できませんでした。

というようなことを友人にも話したのですが。

やってみないとわからないこと、ですよねぇ。

拍手[0回]



前回書いてから2カ月半!
余裕がないにもほどがあるような。

インフルエンザでぐったりした後、
仕事で様々積み重なり、
1つ解決したかと思ったら、新たに発生。
それの動きが停滞して静観して待つしかなくなってみたら
別の問題が発生。

仕事以外のお役目も様々(この記事2回目の様々)あって
始めましての経験がこれでもか!というほど降り注いでいます。
こっちは今後1年半ほど継続することになっています。

体調はスッキリすることなく、低位安定状態。
更年期障害でホットフラッシュ発生しているし。

どうしたら、もう少し心身ともに軽く過ごすことができるようになるのか?
模索中。

まずは、考え事する時間を減らすことと
睡眠時間を増やすことから。

拍手[1回]



人生2回目のインフルエンザから復帰1週間を超えました。
年齢もあるのでしょうか
グッタリ気分から抜けません。

もともと体力ギリギリで、かろうじてもっている状態でした。
そこにインフルエンザでさらに体力を奪われたのでしょう。

今回、インフルエンザで寝ていて思ったのは
物を考えているだけ、思考を巡らせているだけで疲労する
ということ。
少しでも何か頭に浮かんで考え始めてしまうと疲れて
あーまた無意識に考え事してしまった
と気づくことがしょっちゅうでした。

そういえば長いこと、寝ていても物を考え続けていて
良い睡眠を取れていないように感じていることが少なくありませんでした。
復帰した今も。

これがいけなかったのかも
今まで以上に睡眠の取り方を見直そうと思いました。
眠りにつく時には寝ること以外考えないようにしようと。

日々、怠らず疲労回復しよう。
睡眠時間を確保しよう。

今年、やることが、やりたいことが、やらねばならないことが
本当に本当に、今まで以上にたくさんになっています。
それを乗り越えるには、まず自分の健康、体力。

自分をコントロールできるように。

拍手[1回]



年末のご挨拶もしないまま年明けてしまい
年始のご挨拶もしないまま松も取れてしまいました。

寒中お見舞い申し上げます

とともに

病気お見舞い受付中です(笑)

年末から
というか、ここ1年以上
無理矢理折り合いをつけて
いろんな病気にかかりながらも過ごしていたわけです。

年始から
疲れが残っていてつらいなー
と思いつつも、相変わらず折り合いつけていたら
折り合い付かず
年始早々(前振り長くてごめんなさい)
インフルエンザA型発症しております。

一昨年より疲労感のある中の発症
土日を挟んだせいで
一昨年よりイナビル服用が24時間遅れ

そんな影響か、一昨年よりのんびりした回復ぶりです。

もういいや、この際、今週は休んじゃお。
どうしてもやらないとならない仕事は
自宅にいてもメールで社員が回してくるし。

ようやく、しっかり休養できる幸せを味わいます。
次、いつ休養できるかわからないし。

でも。
これからはもう少し折り合いつけず、
体力を無駄遣いしないような生活に変えたいと思います。

拍手[1回]



月刊ブログとなっております(笑)

去年の10月下旬は、突然発症の「手足口病」に苦しみ、
完治とは言えないものの他者に感染のリスクが無くなったレベルで
11月上旬は、仕事絡みとはいえ、ヨーロッパ出張。
帰国後は決算事務に追われ、そのまま年末年始突入。

それに比して、忙しくここ2週間ほどは
22時前に帰宅できたことがない平日を過ごしていますが、
そこそこ元気に過ごしています。

軽い鼻炎
軽い胃炎
軽い更年期障害
持病の喘息の予防薬服用
持病というか予防の目薬

なんていう、病の陳列棚は賑やかなものの、
整体のおかげでしょうか?

このまま、年末まで乗り切りたいものです。

今、一番、私に足りないのは、
気の置けない友人とのお喋り!!!
そろそろ禁断症状でそうに限界だと思います。
喋り足りな~~~い!

拍手[1回]



うっかりしているとすぐに1ヵ月が過ぎていきます。

リアル友人達とつながっているSNSに書くことが増え
不特定多数向けのこちらが留守になりがち。

こちらは落ち着いて書きたい場所なので。
(いいわけ)

今月の上旬に日本を離れ、1週間強の間、海外にいました。

旅先は
最低気温は氷点下になることがある一方、
最高気温は25度になることもあり
さらに湿度が低く、鼻の粘膜が切れてしまうほど
という厳しい環境でした。

実際、25度で半袖が丁度良いと感じた日の夜、
急激に気温が下がり、雨も降り、
翌朝には数cmの積雪
と、信じられないような天気。

今回、標高4000m以上の山に登る(登山電車で!)予定もありましたので
真冬用の防寒具も持って行っていたのが幸いしました。

そのような経験をして帰国した日本も
この一週間、低気温続き。
すっかり台風シーズンということを忘れていました。

気持ちはすっかり冬!でした。

超大型台風到来に、今一つ実感が伴わないままの週末。
大雨の中、投票に行きましたが
まだ、今一つ実感が足りていません。

被害が出ませんように。
明日の出勤時間も心配。
と思っても、まだ気持ちは緩んでいるような。
危機感不足なような。

時差ぼけしていますかね、いまだに。

拍手[1回]



お昼に自宅でうどんを食べたのですが、
作り置きのめんつゆが傷んでいました。

傷んでいるのに気づかず、食べちゃいました。

何か味に違和感はあったのですが
七味唐辛子が柚子入りかしら?
などと思いながら食べてしまって。。。

そこそこ食べ終える頃になって
何となくめんつゆの匂いを嗅いで傷んでいることに気づいた次第。

ううう。

こんな傷んでいるもの、こんなに食べちゃったの初めて。
たいていは一口目でおかしいと思うと食べるのやめるのに。
今回は何故かやめずに食べ続けてしまったー。

気にしすぎても具合悪くなりそうなので、
思いつく限りの対策!

追加で物を食べる。
水分多めに摂る。
これで、少しは薄まる?
黴菌の割合は減るよね?(効果あるのか???)

大嫌いだけど薬と思って梅干し。
本当に嫌いな味なんですけど、
我慢して、いや、梅干しの味でかえって具合悪くなるかと思った。

そんなこんなで、おそるおそる時の経過を待っています。
食中毒の菌だと最大72時間くらいの後に発症するらしいので。
ドキドキ。
できるだけ気にしないようにしつつ、
気になる。
いやいや、病は気から。

以前、母が食あたりしても私は当たらなかったことあるし。

でも、今、少し胃が重い。
ここ何日か胃の状態が良いとは言えないので、そのせい、と思いたい。

無事、過ごせますように。

拍手[1回]



05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
HN:
sami
性別:
女性
職業:
事務屋
趣味:
舞台・読書・動物
自己紹介:
舞台:ジャンル問わず、観るのも出るのも好き
読書:ジャンル問わず、乱読・積読
動物:ジャンル問わず、基本手足の合計4本が好き
面倒なこと嫌い
努力も嫌い