忍者ブログ
2017 / 08
≪ 2017 / 07 1 2 3 4 56 7 8 9 10 11 1213 14 16 17 18 1920 21 22 23 24 25 2627 28 29 30 31 2017 / 09 ≫

五輪開催、汚染水問題、消費税問題 等々
色々とテレビやマスコミの話題になる問題があります。

テレビなどに登場した文化人やら政治家やら評論家、芸能人、コメンテーター
インターネットの中でも上記の方々の他、
知名度はない多くの人々が様々に個々の意見を述べている…
ように見えます。

というのも、論理的な意見が少ない気がして。

気がして…
と私が言っている自体、論理的ではないことも認めますけど。

賛成か反対、両極端の意見ばかりが目に入ります。
その理由も感情的、感傷的です。
感情と感傷で意見を決めるのも良い事だと思います。

でも、その先が必要ではないのかしら?
自分と異なる意見をも一旦は受け入れて
(受け入れるというのは賛成することとは異なる意味)
そのことに対する自分側の理屈を申し述べること。
その根拠を説明すること。
そういうことがなされていないように思います。

相手が自分に反対する理由がわかったら
どうしたら相手が賛成してくれるか、そこを考えると前に進むと思います。
相手が反対してくるのは、
そうなると困ってしまうから。
なら、困らないようにしてあげられないか?
互いにそうやってこそ、進歩すると思うのです。

その為には、感情的では難しい。
現実を受け止めることも必要。
現在の事実を理解して、その中で出来ることを見つける。
行き詰ったら、少し戻って、こんがらかった何かをほぐす。
そして、また、その現状から出来ることを行う。

黒でもなく、白でもなく、グレーという選択肢が見えたら
答は無数に増えるはず。
そこに白黒まだらも含めたら、もっと多くの様々な絵が見える。

世の中、コンピュータで1と0で計算しているけど
人間は、自然界は、1と0の間に無数のものがある。

拍手[0回]

PR


この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
HN:
sami
性別:
女性
職業:
事務屋
趣味:
舞台・読書・動物
自己紹介:
舞台:ジャンル問わず、観るのも出るのも好き
読書:ジャンル問わず、乱読・積読
動物:ジャンル問わず、基本手足の合計4本が好き
面倒なこと嫌い
努力も嫌い