忍者ブログ
2017 / 07
≪ 2017 / 06 12 3 4 5 6 7 89 10 11 12 13 14 1516 17 18 19 20 21 2223 24 25 26 27 28 2930 31 2017 / 08 ≫

この一年半ほど靴は某店でセミオーダーをしています。

が、ふと思いついて、百貨店の中にも入っていて
採寸もしてくれる店に行ってみました。

かなり前にその店で採寸の上、靴を購入したことがありましたが
今一つの履き心地だった為、敬遠していました。

当時より私自身が靴や足のサイズの知識が増えましたし
セミオーダーの店での採寸により自分自身の足についても
わかっていることが増えてきました。
そこでリベンジ。

まずはフット・プリント。
カーボン紙のようなものの上に立って足形を取ります。
以前取った時、はっきりと写らなかった土踏まずはしっかり写り
ほとんど写らなかった足の指も小指以外は写っていました。
どうやら足の状態は向上しているようです。

次に採寸。
足自体を触って、柔らかさなども確認します。

ただ、この採寸結果が少々怪しげ。
足長と足幅と足囲しか計らないんです。
その寸法もセミオーダーしたところの寸法や
自己流採寸の寸法より5mmくらい大きくて。

これは誤差の範囲を超えているのでは?

結果、選んで試着させて頂いた靴のほとんどが緩い。

一般的な靴屋さんの店頭に並んでいるものよりは
細幅の靴を選んで下さっていましたが、踵が抜けます。
履いていて不安感があります。

その中で一番足を覆う面積が大きく安定感のあったサンダル
http://www.kuratomi.info/products/pumps/import-pumps/
↑の色違い(このお借りした写真の色、欲しい!)

これも持ってきて下さったサイズだと爪先部分が
かなり足指から浮いていました。
「これって、こんなに隙間があって良いの?」
と、尋ねると
「甲で押さえられていますので」
納得できず、考え込むと
「下のサイズも試してみますか?」
もちろん!と一つ下のサイズも試着したら、
甲の一番高いところがややきつめ。
但し、それ以外はピッタリ。
見た目も足に合っているように見えます。
念の為、
「どちらの方が良さそう?」
と尋ねると
「甲を少し調整させて頂ければ、こちらです」
とのこと。
再び、もちろん!と甲を柔らかくしてもらったら、ピッタリ。

納得できない点を投げかけた甲斐はありました。
安くない買い物をせざるをえない足なので、妥協は損。

それにしても、結果として、
合わないサイズばかりを提示されたということに。

靴選びは自分がしっかりしないと!
と、再認識したのでした。


拍手[0回]

PR


この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
HN:
sami
性別:
女性
職業:
事務屋
趣味:
舞台・読書・動物
自己紹介:
舞台:ジャンル問わず、観るのも出るのも好き
読書:ジャンル問わず、乱読・積読
動物:ジャンル問わず、基本手足の合計4本が好き
面倒なこと嫌い
努力も嫌い