忍者ブログ
2017 / 06
≪ 2017 / 05 1 2 34 5 6 7 8 9 1011 12 13 14 15 16 1718 19 20 21 22 23 2425 26 27 28 29 30 2017 / 07 ≫

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



いつも読ませて頂いているブロガーさんが
野鳥の図鑑を入手した
と書いていらして、思い出しました。

私も図鑑が欲しい。

小さい時から使っている小学館の子供向けの図鑑を
昆虫、植物、魚と持っているのですけど、
これに代わる新しい気に入る図鑑が見つかりません。

当時の小学館の図鑑は、余分なことが書いていなくて
非常によく特徴を捉えた絵に名前と大きさと一行程度の特徴
それだけが書いてあるだけです。
あと食用かどうか、毒があるとか、
そういう大切な変わらない事実だけ書いてあります。

最近の図鑑や地図は、不変の事実だけではなく
今のことや歴史のことなど余分なこと、
余分と言って悪ければプラスアルファなことが多く、
不変の事実が少なく書いてあるように思います。

その為、複雑でわかりにくく、将来的には使えないものになっています。

子供向けではなくて、便利にしているのは
廃版になってしまっていますが、
「山と渓谷社」から出版されていた
「日本の樹木」と「日本の野鳥」
このカラー図版のシリーズは重宝。
写真で掲載されているのですが、色々な角度、場所のものが
掲載してあるので、自分が見たそれと比較しやすく感じます。
この本も余分なことは書いていない為、シンプルです。


で、欲しい図鑑は、こういうシンプルで掲載数の多い
「日本の虫」の図鑑。

本当は虫なんて、大っっっ嫌い!なので
図鑑も見ているとかなり気分が悪いのですが、
気分の悪さ以上に、
その虫の名前を知りたい!
という欲求が大きいので、どうしても図鑑が必要です。

小学館の昆虫図鑑で何とかしのいでいますが、
山と渓谷社の野鳥のような虫の図鑑が欲しいなーと
前々から思っています。

ともかく日本にいる虫の種類が沢山載っていて、
見分ける為のシンプルかつ十分な説明がついているもの。

そんな図鑑ありませんかー?

拍手[2回]

PR


【図鑑】
ふふふ・・・野鳥の図鑑、面白いですよ。
私が買った物は新潮文庫のシリーズで、5行程度で特徴や生息場所などが簡単に書かれています。
たしかに余計なことが書かれているのは飽きてしまいそうですね。
虫のシリーズもあるかもしれません。

私が図鑑を買ったのは人生で初めてのことです。
samiさんが色々な図鑑をお持ちであることに驚きました。
しかもお嫌いな虫の図鑑をお探しとは・・・。汗
私は虫が大嫌いなので、図鑑どころか、小さな挿絵でも目を背けてしまうくらいですよ。。

良い図鑑が見つかりますように。
【Re:図鑑】
図鑑とか辞書とか事典とか、大好きなんです。
持っている種類、自慢できるかも。
食材事典はまだともかく、有職故実事典とか滅多に使いませんが(笑)
インターネットがこれほど普及する前は、何か調べるとしたら書籍でしょう?
いつでも、すぐに、何でも調べたいんです。

うちにある山と渓谷社の「日本の野鳥」には、我が家の庭に来た鳥のページに付箋つけてあります。
増えるのが嬉しい。

大嫌いでも虫の図鑑も手に入ったら、同じように付箋つけると思います。気持ち悪いけど(笑)
新潮文庫のシリーズ、チェックしてみますね。
この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
HN:
sami
性別:
女性
職業:
事務屋
趣味:
舞台・読書・動物
自己紹介:
舞台:ジャンル問わず、観るのも出るのも好き
読書:ジャンル問わず、乱読・積読
動物:ジャンル問わず、基本手足の合計4本が好き
面倒なこと嫌い
努力も嫌い