忍者ブログ
2017 / 04
≪ 2017 / 03 12 3 4 5 6 7 89 10 11 12 13 14 1516 17 18 19 20 21 2223 24 25 26 27 28 2930 2017 / 05 ≫

珍しく観劇の感想など。

市村さんのファンで、鹿賀さんの方は見損ねてしまいましが。

まず、根本としてストーリーは、掟破りだと思います。
元々の「オペラ座の怪人」のあのラストだ台無しな設定。
この続編を作る時、
最初に「ラブネバ」のラストシーンありきだったのかしら?
何だかミステリアスさより生臭さが漂ってしまう。
怪人が凡人になってしまう。

「オペラ座」の日本初演を観ているので
どうしても、そことの比較になってしまうのですけど。
その為、市村ファントムに対する思い入れは強すぎるので
その分、差し引かなくてはならないのですね。

市村ファントムを再び観ることができたことは嬉しいけれど
でも、私が観たい市村ファントムは
「ラブネバ」ではなく「オペラ座」です。
無理な願いかもしれないので「ラブネバ」で妥協。

以下、「ラブネバ」キャストの感想。

クリスティーヌは、二人とも苦手でした。
声が。高音と低音の声質の差が不愉快。二人とも。
この声が良かったのか、ファントム?
と納得できないものが…。
好みの問題でしょうかねぇ。

ラウルは経験の差で田代くんの安定感が
メグは笹本さんが好み。

マダム・ジリーは甲乙つけがたいかな。

グスタフも。

装置はファンタズマの空気がとても好き。
あの妖しさはワクワクする。
人さらいが出そうな危うさ。
猟奇的な空間。

あの雰囲気がもっともっと欲しいな。

それにしても、市村さんの「オペラ座の怪人」が恋しい!

拍手[1回]

PR


この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
HN:
sami
性別:
女性
職業:
事務屋
趣味:
舞台・読書・動物
自己紹介:
舞台:ジャンル問わず、観るのも出るのも好き
読書:ジャンル問わず、乱読・積読
動物:ジャンル問わず、基本手足の合計4本が好き
面倒なこと嫌い
努力も嫌い